【口コミ調査】女性の薄毛にフロジン外用液は効果あるのかを徹底解説

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【口コミ調査】女性の薄毛にフロジン外用液は効果あるのかを徹底解説
  • フロジン外用液で薄毛は治る?
  • イマイチ効果が実感できない…
  • 他に良い薬はないの?
医者
医者

とりあえず『フロジン外用液』出しておきますので毎日塗ってください。

薄毛女性
薄毛女性

は、はい…

皮膚科で脱毛症の受診をしたら『フロジン外用液』を処方されたけど、女性の薄毛に効果があるか疑問に感じている方も多いです。

この記事では、フロジン外用液は女性の薄毛に効果があるかを解説します。

フロジン外用液は劇的に発毛を実感できるというものではない。医学的にはミノキシジル外用薬の方が推奨度は高い。

フロジン外用液とは?

フロジン外用液(有効成分: カルプロニウム)は、主に円形脱毛症の治療に用いられる薬です。円形脱毛症はストレスなどが原因で発症することが多いです。

円形脱毛症の他にも、女性の薄毛である『びまん性脱毛症』や『壮年性脱毛症(FAGA)』などの脱毛症にも用いられることがあります。

フロジン外用液の作用機序

フロジン外用液の作用機序は、血管を拡張させることで毛細血管の血流を改善することにあります。

この血流の増加が、機能が低下している毛根に作用し、発毛を促進する効果をもたらします。つまり、フロジン外用液を塗布した部位では血流が増え、その結果として発毛が促されるというわけです。

フロジン外用液の薄毛改善の効果は?

フロジン外用液の薄毛改善の効果は穏やかであり、劇的に発毛を実感できるというものではないとされています。

効果には個人差があり、主に軽度の円形脱毛症に対して使用されます。

フロジン外用液は塩化カルプロニウムを主成分とし、脱毛症治療に用いられますが、その効果は専門家により疑問視されている場合があります。

実際にフロジン外用液体験者の口コミを見てみましょう。

フロジンが効果的だったという口コミ

フロジンは効果がなかったという口コミ

ヤマーノ
ヤマーノ

ファーストチョイスとして試してみるのもありだと思います。

効果がある人にはあるようですね。

日本皮膚科学会によるガイドラインではC評価

日本皮膚科学会の薄毛ガイドラインでは、フロジン外用液(塩化カルプロニウム)は推奨度が『C1』という評価に位置付けられています。

日本皮膚科学会の薄毛ガイドラインとは?

男性型および女性型脱毛症(AGA・FAGA)治療の水準向上を目的に作成された指針です。このガイドラインでは、医学的根拠に基づき検証され、有用性と安全性が確認された治療法が提示されています

参考:日本皮膚科学会 薄毛ガイドライン

以下の表が実際の薄毛ガイドラインです。

治療法の推奨度は、以下のように5段階で評価されています

  • A:行うよう強く勧める
  • B:行うよう勧める
  • C1:行ってもよい
  • C2:行わないほうがよい
  • D:行うべきではない

以上のように,”カルプロニウム塩化物の外用での有用性は,現段階では十分に実証されていない”とされています。

ヤマーノ
ヤマーノ

『行ってもよい』というレベルなので、効果はイマイチかもしれません。

フロジン外用液の副作用

フロジン外用液の副作用は比較的低い確率で発生しますが、完全にゼロではありません。

主な副作用には、過敏症状としての発赤や痒み、アセチルコリン様の作用による局所発汗、熱感、刺激痛などがあります。

また、塗布直後には全身性の発汗やそれに伴う悪寒、戦慄、嘔気、嘔吐などが起こることもあるため、これらの症状が現れた場合は使用を中止し、水で洗い流す必要があります。

加えて、眼に入らないよう注意し、入ってしまった場合は直ちに清浄な水で洗眼することが推奨されます。副作用やその対処法については、医師や薬剤師に相談することが重要です。

フロジン外用液は臭いがキツイ

フロジン外用液は独特の匂いがあり、「おじさんの匂い」と表現されることもあります。

この匂いは、フロジン外用液の主成分であるカルプロニウム塩化物が原因で、一部のヘアトニックと同じ成分を含むためと考えられています。

匂いが気になる場合は、香水や化粧水を上から使っても良いとされています。また、フロジン外用液のジェネリック医薬品であるアロビックス外用液は、フロジンより匂いが弱いとの報告があります。

フロジン外用液よりも効果的な治療薬

フロジン外用薬は薄毛ガイドラインでは推奨度が『C1』評価となっていて、それほどお勧めできる治療薬ではないとされていました。

では、一体何がおすすめなのかと言うと、推奨度が『A』のミノキシジル外用薬です。

先ほどのガイドラインをもう一度見てみましょう。

治療法の推奨度は、以下のように5段階で評価されています

  • A:行うよう強く勧める
  • B:行うよう勧める
  • C1:行ってもよい
  • C2:行わないほうがよい
  • D:行うべきではない

女性の薄毛治療で唯一の『A評価』となっています。

ミノキシジル外用薬とは?

ミノキシジル外用薬は、もともと高血圧治療薬として開発された成分で、血管拡張効果による発毛促進作用があり、男性型脱毛症(AGA)や女性の薄毛治療に広く使用されています。この薬は頭皮に直接塗布し、血流改善と毛母細胞の活性化を通じて薄毛や抜け毛を改善します。

使用方法は、成人が1日2回、1回1mLを脱毛部位に塗布し、効果発現には3ヶ月~6ヶ月かかることが多いです。

ミノキシジルの主な副作用には頭皮のかゆみやアレルギー反応、頭痛やめまいなどがあり、使用を中止すると改善した症状が戻る可能性があるため、継続的な使用が必要です。

女性に推奨されているミノキシジル濃度は1%です。5%の商品がドラッグストアなどでも購入できますが、5%は男性用です。

ヤマーノ
ヤマーノ

女性の方は1%を選びましょう。

ミノキシジル外用薬の購入方法

ミノキシジル外用薬の購入方法は、主に以下の3つがあります

  • 薬局やドラッグストア
  • 楽天やAmazonなどの通販
  • AGAクリニック

この中で一番安く購入できるのは、楽天やAmazonの通販です。

ミノキシジル1%の商品の種類はほとんど無いため、それほど選択肢もありません。

有名どころでいうと、以下の商品を試してみるのもいいでしょう。

まとめ

フロジン外用液(カルプロニウム塩化物外用薬)は円形脱毛症に用いられる外用液です。円形脱毛症以外にも、びまん性脱毛症やFAGAなどの治療にも使用されることがあります。

効果としては個人差があるようですが、ファーストチョイスとして試してみるのもいいでしょう。

日本皮膚科学会の薄毛ガイドラインでは『C1』という評価で、医学的にも推奨度は低いです。

フロジン外用液よりもおすすめなのが『ミノキシジル外用液』です。

日本皮膚科学会の薄毛ガイドラインでも最高ランクの『A』という評価で、医学的にも推奨度は高いです。

女性は1%の濃度が推奨されているため、まずは低濃度の1%から始めてみましょう。