【AGA治療デュタステリド】ザガーロ(ZA)とアボルブ(AV)2種類の違いを解説

【AGA治療デュタステリド】ザガーロ(ZA)とアボルブ(AV)2種類の違いを解説
  • デュタステリドって2種類あるの?
  • ザガーロとアボルブの違いは?
  • AGA治療にはどっちでもいい?

AGA治療薬に用いられる薬として「デュタステリド」という成分があります。

デュタステリドを主成分にしている治療薬には2種類あり用途がはっきりと分かれています。

この記事では、2種類のデュタステリドについて解説します。

この記事を読めば、AGA治療薬の知識が身に付き、失敗しない選択をすることができます。

ザガーロ(ZA)はAGAの治療薬、アボルブ(AV)は前立腺肥大症の治療薬

この記事を書いている人
24歳の時に薄毛に気付き、その後8年間自己流の薄毛対策を実施。しかし、全く良くならず人生の絶望を感じていた時に勇気を出してやったのがAGA治療。そこからあっという間に薄毛が改善されました。
≫【8年試した薄毛改善体験談】薄毛を自分で治すのは無理|AGA治療がすごい

ザガーロ(ZA)とアボルブ(AV)の違い

AGAクリニックで治療薬として処方されるデュタステリド。

デュタステリドを主成分にしている薬には、ザガーロ(ZA)とアボルブ(AV)の2種類があります。

先発品ザガーロ(ZA)アボルブ(AV)
主成分デュタステリドデュタステリド
ジェネリック品名デュタステリドZAデュタステリドAV
効果5αリダクターゼI型とII型
両方を阻害
5αリダクターゼI型とII型
両方を阻害
用途AGAの治療薬前立腺肥大症の治療薬
価格クリニックによって異なる
アボルブより1.5倍高額
クリニックによって異なる
副作用性機能障害
全身倦怠感
食欲不振
性機能障害
全身倦怠感
食欲不振
製造販売元グラクソ・スミスクライン
株式会社
グラクソ・スミスクライン
株式会社

基本的には、ザガーロのデュタステリドとアボルブのデュタステリドは同じ薬です。

違うのは用途と価格だけ。

同じ成分にも関わらず、ザガーロの方がアボルブよりも価格が1.5倍くらい高い設定になっています。

見分けるポイント

ザガーロのジェネリックには「デュタステリドZA」、アボルブのジェネリックには「デュタステリドAV

このように、薬のパッケージにも表記されているのですぐに見分けることができます。

アボルブはAGA治療薬ではない

ザガーロとアボルブは同じ成分のため同様の効果が得られます。

アボルブの方が安いため、クリニックでも価格を抑えるためにAGAの治療薬としてアボルブの薬を処方するところがあります。

しかし、アボルブの薬は厚生労働省がAGAの治療薬として認めていないんです。

厚生労働省の認可があるのはデュタステリドZAのみ

安心・安全の証明でもある厚生労働省の認可。

AGA治療において厚生労働省の認可があるのはデュタステリドZAのみになります。

ヤマーノ
ヤマーノ

効果が一緒なのはわかりますが、さすがに前立腺肥大症の治療薬をAGAの治療薬とは認められないという感じですかね。

厚生労働省に認められないと「医薬品副作用被害救済制度」も適応外になってしまうため、何かあっても全額自己負担になってしまいます。

医薬品副作用被害救済制度とは?

医薬品を適正に使用したにも関わらず、重篤な健康被害で入院費などの費用がかかってしまった時に受けられる公的な制度。
≫医薬品副作用被害救済制度とは何ですか?(外部リンク)

まとめ

デュタステリドを主成分にした治療薬には「ザガーロ」と「アボルブ」があります。

どちらも同効果・同成分で一緒の薬剤なのですが用途が異なります。

  • ザガーロ…AGA治療薬
  • アボルブ…前立腺肥大症の治療薬

ザガーロ(デュタステリドZA)ではなくアボルブ(デュタステリドAV)の薬をAGA治療薬として服用した場合、医薬品副作用被害救済制度の適応外になるリスクがあります。